BAND SIDE

01. 735 / Pink-HOUSE

After taking a nap, we made a comeback
We're gonna carry the weight again
I only give you one again
My mind, the rest of time
I just want to take it back

But I don't mind
I hardly knew the place
It's been a way so long time
But I just called to say how much I care
I really wanted to see you


02. Regret / SUNSKATE

Regret that I could not make the right choice at that time
I have been tightening my chest all the time

Because I can not move forward as it is
Send a letter I do not know may reach
Hold the utmost of your words


03. Beat Roars / SPIDER LILY

変わらぬ毎日をただ繰り返しているだけの
退屈で憂鬱なつまらぬeveryday
刺激もリズムもない生活から抜け出して
ビートに合わせてグルーヴを鳴らすのさ

周りがどうとか昔はああだこうだとかなんて
どうでもいいでしょくだらぬ世間体
大人は僕らに同じような道を指し示すけど
誰の未来にも道などないのさ

お決まりの常識を蹴とばせ

音に乗れ 好きに踊れ
冷めてスカすより熱くなりたいでしょ?
come on everybody! 夢の中へ
あなたの元までこの声よ轟け

あなたにもあるでしょ繰り返される日常の中で
行き先なんてなくて溜まりに溜まった(フラストレーション)
どっかの誰かのお下がりの言葉なんていらないわ
聴かせてあなたの本音のブルースを

恥じらいなんて今すぐに吹き飛ばせ

音に乗れ 好きに踊れ
誰になんと言われようと諦めやしないのさ
come on everybody! 夢の中へ
誰かの心でこの歌よ輝け

音に乗れ 好きに踊れ
冷めてスカすより熱くなりたいでしょ?
come on everybody! 夢の中へ
あなたの元までこの声よ轟け


04. マニマニ / THE HARVEST

欲しいものならなんでも言ってよ(何でも言ってよ) 天使も悪魔も君の味方さ
誰かが言ってる夢や希望とか(夢や希望とか) 叶えてあげる 魔法の力 見せよう

BBC テイクの 夢を集めてシニカル 重ね合わせてits OK

COME BACK 私の青春 いつの日かなれるさ神さま
救世主気取りでどうぞ oh darling 夢のマニマニ

君の邪魔する 不細工な男も(ブスな女も) 大人の事情で全部解決
歴史に名を残す私のシンパシー カモンベイベー プラチナの夜 あげよう

BBC テイクで まさにこの世のミラクル 重ね合わせてits OK

だから COME BACK 私の青春 いつの日かなれるさお前も
お手本に私を参照 oh darling夢のマニマニ

BBCテイクの夢を集めてシニカルさ 重ね合わせる 宇宙を手にするまで

カムバック私の青春 そこそこの女優を抱くのさ
バーチャルとリアルも炎上 oh darling もっとマニマニ

今でもまだまだ青春 いつの日か世界を買うのさ
天下を掻き回す宝刀 oh darlingそれぞマニマニ
夢のマニマニ もっとくれマニマニ 夢のマニマニ まさにマニマニ


05. 僕は… / One’s best walking

僕は1人じゃない

僕に出来る事ってなんだろう
ふと考えてみた
僕が1人で出来る事なんて
たいしてなかった

才能なんてない平凡な僕でも
あなたが笑っているから
自信を持って言ってやれるんだ
この言葉を

僕は1人じゃない

君が1人で寂しいなんて事
言わせてたまるか
君がうつむき肩落とす前に
この言葉を

僕は1人じゃない

(僕は)君がいれば1人じゃないって事分かってくれるかな
(君は)どこにいても1人じゃない


06. 青 / sea holly

春の夜 街路に 照らされる声は
一度でも 名前を 響かせてくれた?
震えてた 背中に 投げかけたつもりで
強い風 巻かれて なかったことになったね

スピードを上げたら急すぎて見えない
諦める余地など知らなかった

分かち合う日々を継いで 誰に期待しても
正しいのか信じたいのか 行方決めてるでしょう?
手を引くのは呼んでるのは 青に変わるまで
優しくて苦しい過程 後ろ振り返らず

忘れたふりして笑い歪む顔
やめてよそんなの下らないでしょう

光だけを見つめすぎて 眩む目を伏せて
訊きたいこと訊いてもいいの? 真に問うのは何?
手を引くのは呼んでるのは すべて塗り替えるの
優しくて苦しい過程 報われてほしいだけ


07. 毒々C / HELL DUMP

頭にお花がいっぱい あたしの心はピカピカ
見えてはいけない妖精 あたしの世界はぐーるぐる

毒にも薬にもなれないなら
リトマス試験紙に溶けてしまいたい

毒々C ケミカルマジカル
毒々C オーオー服毒
毒々C ラジカル フィジカル
毒々C オーオー劇薬

あたしと仲良くしちゃいけない
なぜなの なぜなの なぜなのかわかんない

あたしが輝くためのテロリズム
いかれポンチをまとめて消しゴム

毒々C パラボナアンテナ
毒々C オーオー毒ガス
毒々C パピプペペポパポ
毒々C オーオー猛毒

恋のABCキス ペッティング セックス
毒のABCキル ファッキング 死す!
夢見る少女じゃいられない
毒々Cしいんだもん

そっかなー?(そっかなー)
そっかなー?(そっかなー)
産まれた事が罪なのかな
そっかなー?(そっかなー)
そっかなー?(そっかなー)
どうにもできない ひぇあ
羽化できない 空を飛べない
自由になれない試験管TEEN
マジでぶっ飛び マジでかっ飛び
鱗粉ポイズンバタフライガール
少女に何が起こったか

☆ 繰り返し


08. Answer / ONEPERCENTRES

I can not go back at that time
Because I started walking down the way I can not turn back anymore
Whether this was good or not, I still don’t understand it now
But I still want you to wait to find the answer

I didn’t know what to believe
So I could not believe even myself
I was spending the time wandering around the dark

Don't look back Don't turn back
I wanna be myself in the future
Take me out to your world
I wanna find myself who lost sight of
I don't know what is right
But I can be sure of only one
You're not in my world now

Keep your eyes away
Now you're finding the answer

So take me out of this darkness
And bringing light to me
Take me out to your world

I just found the answer


09. 最後のわがまま / Filter Note

並木道を歩きながら手を繋いだ君はちょっと、照れ臭そうに「こんな日々が続けばいいね」と
軽く呟いて、僕に笑った

キスの香りと夕焼けがちょっと
ドラマみたいなんて思って

夢の中ずっと僕らは笑っていて
君の声がいま聞こえて
夢のままずっとこのまま笑えたら
なんてことを、、

僕らきっとうまく行きすぎてたんだ
君の嘘も気づいてやれずに
「こんな日々が辛いんだよ」と
泣きながら綴った、最後のわがまま

突然降り出した雨が
まるで僕の代わりに
涙を流してるようで
乾いた心の行方を

夢の様にずっと僕らが笑っていたら
なんてことを今思って

君の事ずっと忘れない いつまでも
僕にくれたこの寂しさをずっと
胸の奥にしまって、歩いてくよ


10. 名前を知らない花 / ニジイロ

霞む景色を眺めてた 明日の行方分からず
移る景色を見送って 繋いだ未来迎える

ああ 風まかせ
ああ 人まかせ
ああ 誰かのせいにして
離したその手 嘆くよ

霞む景色を眺めてた 明日の行方分からず
移る景色を見送って 繋いだ未来迎える

ああ 風まかせ
ああ 人まかせ
ああ 何かのせいにして
離したその手 嘆くよ

あの日 咲いた 雪解けのその中に
名前を知らない花 僕は見つけた 君もそうだろう?

あの日 咲いた 雪解けの中
名前を知らない花
春の訪れは 冬にサヨナラ


11. your words / TEMPNATION

The words you said I have not forgotten
As you went to another world

I've been ringing in my heart all the time
After talking about the future
You have gone away

I do not know when it will disappear

Tonight, I got your words loud in my head
How is life like that?
I think that I’ll go there too

I want to tell you that you were saved by your words
I’ve never felt like this before
I’ll never meet again


12. We all live with somebady / THE BLENDER

ありふれた僕の部屋 愛込めて歌うハロー
住めば都わかるぜ すきま風も愛しい 足音も気にしない
王さま気分バスタブ まるで大海原さ
傾いた床ご愛敬 たまの日差し嬉しい 腕振るうニューさえ箸

Oh, 畳の裏から
Oh, 飛び出してくるtonight
Oh, 初めてな気がしない
不思議な気持ちさ

We all live with somebody
君も 犬も 守ってくれる
夜も 昼も どんな時も

王さま気分バスタブ まるで大海原さ
ありふれた僕の部屋 愛込めて歌うハロー ずっと続いてくHow long?

Oh,鏡の中から
Oh,目と目があったtonight
Oh,初めてな気がしない
不思議な気持ちさ

We all live with somebody
君も 犬も 守ってくれる
夜も 昼も どんな時も

We all live with somebody
明日も Give me more 守ってくれる


13. アイリー / under DOG

アイリーミュージック
あなたの背中押すそんな歌を
アイリーミュージック
元気ないあなたの為のアイリーミュージック

泣きたい時ほど笑え
悲しい時ほど笑え
いつでもここで待っているから
不幸自慢はよそうぜ
普段良く笑う奴ほど
見えない所で色々抱えてんだ

広い同じ空の下また命が産まれ消える
俺達はまだ生きているどうせならできる限り

あなたが笑うそれだけで幸せになる人がいる
どうせなら皆笑えばいい
それ以上の幸せはないだろ

そりゃ生きてりゃ色々あるよな
辛い裏切り悲しい別れ
嫌な事ばっかりが目立ってしまう

どこかの誰かが作った常識とゆう名の当たり前そんなモンはクソ喰らえ

広い同じ空の下
色んなヤツらがいるよな
周りに合わせることは無い
楽じゃなくても楽しい道を

何で俺だけがこんな目になんて思う時もあるだろう
かかってこいよやってやるとそんな強い気持ちを持ちたい

理想は毎日仲間らと朝がくるまで酒呑んで
締めには良い女でも抱いて花びら大回転
あなたがやりたい事はなんですか?
あなたがなりたい者はなんですか?

あなたが笑うそれだけで
どうせなら皆笑えばいい
それ以上の幸せはないだろ

アイリーミュージック
あなたの背中押すそんな歌を
アイリーミュージック
元気ないあなたの為のアイリーミュージック


14. 風の通り道 / ブレーメン

風よ お前は知ってる この汚れた世界を

酸いも甘いも受け入れて 心の中 風を吹かせて
吹き飛ばせぬなら まだまださ ひと息ついて 摺り抜けて行こう

風よ お前は知ってる この輝く世界を

酸いも甘いも噛み分けて 心の中 風を吹かせて
吹き飛ばせたなら 手を広げ 知らない街へ 羽ばたいて行こう



ACOUSTIC SIDE

01. illumination / 羽根web..net

One day
ジョークも眠たい午後で 信号待って止まる somebody

乾いた大地は 雨も降らず 声もあげず

妄想なんてしてる気? そんな君のイデオロギー

anyway 知らずに
黙って瞑って 飲み込んでいたくせに

Sunday
時間は思うより Heavy ジョーカーみたいに笑ってる money

ダイヤのキングは部屋の隅で散歩してる

最後日までどれくらい? 浄化してもなくならない

だいだらぼっちは目を醒ましたのさ

Hello moon, goodbye sun 今宵はうたおう
Hello moon, goodbye sun 朝が来るまで

僕らは何を見てきたのだろう
僕らは何を探したのだろう
僕らは何を彷徨っているのだろう

Hello moon, goodbye sun 今宵はうたおう
Hello moon, goodbye sun 朝が来るまで

僕らは何を見てきたのだろう
僕らは何を探したのだろう
僕らは何を彷徨っているのだろう


02. みちのり / 榎木にれ

遠くで揺れてる 風の跡が
もう一度灯して 春の光を

心に残っている 思い出が

歩いていく旅路は いくつも分かれて
吐息の温かさ 身に染みる記憶の中のあの歌
風の季節に点いた 静かな灯火
燻る煙たち 記憶の中にずっと閉じ籠って

ささやかな思いを 胸に秘めて

曲がった道だけど 進んでく

渇いた時代に咲く 一片の花が
背中を押している 前へ進もうと光が射し込む
人波をかき分けて 艪のない船漕ぎ
何度も巡り逢い 別れとを繰り返し
ぬくもりを抱いて 
明日への扉を開いていくよ


03. ロゼット / ユウジキクチ

冬のタンポポが
どう過ごしてるかなんて知らなかった
思えばずっと咲いている
キレイな花はないんだよな

隠れてたっていいよ
その時が来るのを待っているのさ

世界から取り残されているんだ
誰しもが闇を抱えているんだ
生きる意味は後からついてくるんだ
君の横をただ歩いていたいんだ

映画のセリフに
涙する訳を君は知りたがった
本当のところ僕もよくわからないけど
素敵な話だったな

世界から取り残されているんだ
誰しもが闇を抱えているんだ
生きる意味は後からついてくるんだ
君の横をただ歩いていたいんだ

陽はまた昇り今輝き出した
青い空 強く背を伸ばすんだ
限られた時間の中で
どれだけ伝えられるかな


04. ラブレター / SAKU

上手く言い出せない
上手く伝えられない
キリのない想いが
今日も眠れなくする

届かないラブレター
あなたは何処で何を見つめるの
一緒に居過ぎて分からなくなってた
あなたへの笑顔

もうサヨナラしよう
僕の中に溢れるあてのない言葉
一番に伝えたかった事は
あなた以外好きな人なんて居ない事実

真夜中に書いた
愛の言葉並べた
渡せない手紙を
そっとしまい込んだ

きっかけはいつも意地の張り合いで
くだらない喧嘩ばかりで
一緒に居過ぎて分からなくなってた
あなたへの笑顔

もう終わりにしよう
あなたは何処へ行こうとしてるの
二人で歩きたい
くだらない話をしながら
ずっと・・・

もうサヨナラしよう
僕の中に溢れるあてのない言葉
この星が消えたなら
もう一度あなたへの想い伝えるから

二人で手を繋ぎたい


05. ライブハウス / 黒川俊二

月曜日の夜仕事帰りに
ふらりと立ち寄ったライブハウス
魂の歌声が 聴こえてきたんだ
心が震えて泣き崩れてしまいそう

あ〜寒空に 輝く金の星のよう
スポットライトが照らし出す魂の歌

バカ息子のアイツは
今日も飲んだくれだけど
魂の歌声が この胸にささったんだ
涙が止まらなくて燃えつきてしまいそう

あ〜絶望の中にひとすじの光が差し込むよう
スポットライトが照らし出す魂の歌

飛び交う歓声と鳴り止まない拍手の中で

僕たちは同じ場所で あたたかさに包まれた
あ〜切なさにやさしく包む愛情のよう

スポットライトが照らし出す魂の歌


06. 線香花火 / 小山翔

夏が来るたび思い出す あの頃の線香花火
除ヶの夜空に笑顔咲き 赤い実が弾けたあの夏の日
鮮やかな青と白い雲の下 梅雨が過ぎ去り空も心も高くなる
憂鬱な夏休み君に会いたくて 会う口実を探し連絡する日々
輝いてたあの日々思いを馳せて 戻らぬ時を抱え ため息が漏れる
夏が来るたび思い出す 幻の本庄花火
幾年月過ぎ行くなれど あの輝きは2度と来ない

鮮やかな青と白い雲の下 梅雨が過ぎ去り空も心も高くなる
久しぶりの再会 心踊るのは夏のせいだけじゃない 思いいづる日々
輝いてたあの日々思いを馳せて 戻らぬ時を感じ つかの間楽しむ
夏の終わりがやってくる ひぐらしが夕暮れを呼ぶ
橙が急ぎ足になる キラキラの魔法解けていく
夏が来るたび思い出す 青春は線香花火
いつかまたここで会いましょう さようならまた会う日まで
永遠に輝け線香花火


07. 星がキレイ / ケンニイ

今こうして空を見上げ星がきれいって思ってるのは
もうこれまでで何度目だろう気がつけば心の中は空っぽ

君とバイバイしてから 少し歩いたよ
悩みと明日への不安 考えなら 街灯もない夜の道を
繰り返し平穏な日々 望んでいたのかな
新しい日々 刺激的な毎日を 望んでいたのかな
見上げれば 星がきれい
つかの間のあいだ、何もかもが吹き飛んでいく
見上げれば 星がきれい
心は空っぽに どうかそうして欲しい
星がキレイ

明日の仕事 考えたら 少し憂鬱で
そんな毎日がどれほど続くか こんな日曜日
繰り返し平穏な日々 望んでいたのかな
新しい日々 刺激的な毎日を 望んでいたのかな
見上げれば 星がきれい
つかの間のあいだ、何もかもが吹き飛んでいく
見上げれば 星がきれい
心は空っぽに どうかそうして欲しい
星がキレイ

今こうして空を見上げ星がきれいって思ってるのは
もうこれまでで何度目だろう気がつけば悩みってなんだったけな


08. 穢土 / ツボイタカマサ

土を耕す 種を植える
曖昧な記憶 片隅ゆれる

根を張る 太く強く
ほどけた 糸をさがす

積み上げた想い出たちが崩れて
何も無くなってしまったよ

笑い話になればイイと
誰かの言葉に救われた

旅路の歌を脇に抱えて

命を頂きまた土に還る


        
   
Copyright(C) soundspace PARKDINER All Rights Reserved.